木から降りる

公園内で木登りをした玉次郎が、木から降りようとしています  このクルミの木は、玉次郎が子猫の頃のの木登り練習用でした (クルミの木の真下から見てます)

         「さて、降りようかニャ」

         頭から降りてます・・・危なっかしい

           ここで踏ん張り、次の枝まで一気に

          降りて

         無事に到着・・・木から降りる事は下手なネコです

                                           木登りはすぐ覚えたのですが・・・

          「上は見晴らしがよかったニャ」

           さて、散歩に行こうか

         「チョット待ってニャ」

ネコなので 木を降りるのは 苦手なの

秋になると、木にクルミの実が成りますが、交互に人が来て採るので、すぐ無くなります・・・採ってる方々は、野遊びをしている様に楽しそうでした